2012年08月11日

雲取でリハビリ・・・その2

P1090660.jpg

山荘でまったり・・・

小屋前のテーブルをお借りして昼食タイムでございます。

・・・ご飯の用意をする前に。

P1090654.jpg

汗をたっぷり吸い込んだ帽子と手ぬぐいを洗って干しておきます。
このカラッとした風と凶暴な日差しでものの5分で乾燥。
これだから手拭いは便利。

さて、ボチボチ昼食の準備。

まずはこれから

P1090650.jpg

アマノフーズのフリーズドライ・グリーンカレーで “グリーンカレー豆腐”

グリーンカレーにご飯じゃ面白くないのでコンビニで冷奴のセットを買ってきましたよ。

P1090655.jpg
まずは普通にグリーンカレーにお湯を注いで
そこに

P1090658.jpg
豆腐を豆乳 投入。


P1090661.jpg
もう一回火にかけてフツフツと・・・おおっ、美味そうだ!
見た目はただの味噌汁みたいだけど・・・実はグリーンカレー・・・オサレ。


さあ、こいつをつまみに乾杯!
P1090660.jpg

あ〜〜ウメェ〜〜〜! 
ナスとかまるごとエビとか具もたっぷり。
ココナツの香りがまた良いですなー。
あまり辛くなく好みのお味。
カレーに豆腐、これまたおつなもんです。

最後のトマトなんかも頂いちゃいますよ。


では、今日のメイン

“さんまのひまつぶし”

材料はこれ

P1090652.jpg

さんまの蒲焼缶、コンビニおにぎり(今回は真あじと野沢菜)、ネギ、
冷奴の薬味についていたおかかとしょうが、そして永谷園のお吸い物。

まあ、なんてことはない名古屋名物 「うなぎのひつまぶし」のパクリメニュー
というか、劣化版貧乏人スペシャル(笑 なのでさんまの“ひまつぶし”



まずはシェラカップにおにぎりのご飯部分を
P1090662.jpg

そしてさんまの蒲焼を載せ、おネギさんをたっぷりと
P1090663.jpg

そして冷奴の薬味のおかかとしょうがを投入
P1090664.jpg

そしてこれ
P1090665.jpg
永谷園のお吸い物を(もちろんお湯でといてお吸い物にしてかけますよ)
あ、おにぎりから引っペがした海苔もトッピング

で、完成したのがこれ

P1090666.jpg

では、いただきます! サラサラサラ・・・おおぅ、美味い!
さすがにうなぎと同等ってわけにはいかないけど・・・

さんまの蒲焼の甘辛いタレの味と松茸風味のお吸い物がベストマッチ!
しょうがも効いてさっぱりと、ネギのシャキシャキ感がまた絶妙。
これは夏の定番メニューになりそうだ。

あー、満腹・・・そして満足・・・


たっぷりとエネルギー補給したのでさっぱりと出していきましょうか

ということで有名な雲取山荘のトイレへと。
P1090669.jpg

P1090670.jpg

本当に綺麗なトイレです。土足厳禁!
この禁を破ると

P1090672.jpg
でっかい手で百たたきの刑に処されますので・・・

そして使用後には協力金を忘れずに。


さあ、1時間もまったりしましたよ。
三峰から一人、雲取りから一人登山者がやってきたのでテーブルを譲って出発。

P1090673.jpg
山岳連盟のレリーフにご挨拶をして

10:20 山荘発

P1090675.jpg

帰りは迷わず巻道を・・・一度歩いて見たかった。

P1090676.jpg

この巻道、前半はブナの森。実に気持ちいい。

P1090682.jpg

途中にこんな水場がありましたよ。
でもこの上に避難小屋のトイレとか無かったかなぁ・・・気にする必要ないのかなぁ・・・

山荘側の尾根はブナの森で風も通って涼しい山歩きができますが
水場を過ぎて石尾根側に入ったとたん笹が多くなり、暑くて暑くてたまりません。
風もないし・・・こりゃ真昼の炎天下は歩くのきついね。

早くやり過ごそう・・・ペースを上げて数分。 ちょっと息が上がった頃

P1090684.jpg

10:56 石尾根合流

あー、気持ちいい!風が気持ちいい!!

ふと目線を移すと・・・

P1090686.jpg

おおぉ〜〜〜〜〜富士山! これは素晴らしい!!

P1090689.jpg
山頂には人がたくさんいますねー。

山頂からこの眺めは羨ましい。帰りも山頂経由すればよかったかな?
でももう足がちょっと・・・下山のこと考えたらこのくらいがちょうどいいかな?

P1090688.jpg
飛竜方面も綺麗に見えてもう最高。

P1090696.jpg
石尾根と富士山

P1090703.jpg
森と富士山

P1090706.jpg
キノッピー



11:27 奥多摩小屋

P1090710.jpg

10分ほど休憩して出発。
日帰りハイカーがどんどん上がってきます。
でも尾根上はギラギラの凶悪な日差し。
朝の気持ちの良いあのアルプスばりの風はもうありません。
今登って来る人はきついだろうなぁ。

うわ、いやだいやだ・・・


P1090712.jpg
ヘリポートと富士山

待ってろよ、富士山。来月にはそこに行ってやるからな。


P1090716.jpg

P1090720.jpg

P1090722.jpg
マルバダケブキはつぼみも無し。

P1090724.jpg
さあ、ボチボチ尾根ともお別れ。

12:01 ブナ坂分岐

P1090725.jpg

帰りはまっすぐ登り尾根を下ります。
うんざりする樹林の下りを前に休憩。

P1090726.jpg

P1090728.jpg

谷川から吹き上げる風が気持ちいいねー。


P1090727.jpg
新しいザングツ。スカルパのトリオレプロ。 これはバッチリ。
グリップもフィット感も言うことなし。
これから長い付き合いになりそうです。


では、下山。

12:10 発

P1090730.jpg

この時間でもまだまだどんどん上がってくるんですね。

3人組の山ガールや10人ほどの山岳部パーティー。
ご夫婦連れやオッサン5人組などなど。

P1090734.jpg
七ッ石小屋近道入口を過ぎ曲がり角のちょっと上、

下からバテバテで登ってくるソロのおじさんに話しかけられました
「水場までどのくらいですか?」
「ん〜、七ッ石小屋まで30分くらいですかね?」
「そうですか〜。いや、下は暑くて暑くて冷たい水が飲みたいんです。」

そうでしょうね。冷たい水、飲みたいですよね。
がんばって下さい。

いやしかし、樹林の道は暑い。

P1090737.jpg
13:14 水場

ここで最後の休憩。
水をガブガブといただきます。

この水場の周り、猿の群れがうじゃうじゃと。
2つの群れが徘徊しているようであっちにもこっちにも猿、申、サル、さる・・・

14:02 登山口

P1090739.jpg

14:05 駐車場

P1090740.jpg

お疲れ様でした。

車はだいぶ少なくなってます。
泊まりの人が多かったんですね。

いや、思惑通り熱くなる前に勝負できてよかった。
あの石尾根に吹く風は懐かしのアルプスの風だった。
アルプス・・・行きたいなぁ・・・

でもまぁ、とりあえず来月の富士山かな?当面の目標は。

今回も自己の課題はクリアー。

でも新たに「体力不足」という致命的な問題が・・・
本でも買ってやってみるか、ロングブレス・・・






この記事に投票する
「山で飲むならオールフリー」記事コンテスト参加中。投票をお願いします!
posted by 秀造 at 12:58| Comment(0) | 山歩き〜奥多摩〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。